2次元レーザー切断機

今や一般的になり、工業高校でさえが保有している設備、レーザー加工機

SFの世界では実弾に代わって飛び出すレーザーから、建築現場では墨出しに使われるレーザーまで、工業に接していない方が聞けば、あらゆるレーザーを想像するだろう。

私達工業の世界ではLaser(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)は、増幅されたレーザー光を利用して金属を溶かす事により、切断・溶接等の加工を行う事が一般的だろう。また、レーザーを発振するにあたっては YAG/CO2/DISK/FIBER 等 色々な方法が用いられる。

image002

弊社には切断用として2台の2次元切断用レーザー切断機がある。
出力は4000W 加工範囲は1500mm×3000mm 軟鋼22t ステンレス16t アルミ10t と言ったスペックである。

image0042

image0061

先に述べたように、誠珍しくない機械である。(しかしながら高額な機械はである。)
とは言う物の、現代の製造においてレーザー切断機の無い加工は考えられない。社内、社外問わず、図面はデーター化されており、製作したい形状は自由曲線が多い。そのデーターを専用CAD-CAMによりプログラム化したデーターを機械本体に転送するだけで、欲しいと思われる部品が簡単に切断出来る。
 
その昔、未だレーザー加工が高価だった時代は、設計者もレーザー形状にすると高額になるので、規格サイズの材料を多角形形状に切って、コーナーだけ丸める様な設計が多かった。データーさえあれば当日の内に切断加工まで行う業者がいる現在では、製品調達は安価な上に納期も早い。とは言え、スピードが命と言われる現代の製造において、その数時間が非常に重要なウェイトを占める。

15:00に来た図面データーをレーザー加工した後に、溶接→機械加工→塗装を終え、19:30の混載便で出荷、、、、 
こんな事が弊社では日常茶飯事で行われる。

もし、レーザー切断機を所有していなかったら、、、

1台しか保有しておらず、その1台が故障していたら、、、、

やはり、弊社には絶対に必要な設備である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中